読書

読書
ハマス・パレスチナ・イスラエル新着!!

飯山陽氏の著書「ハマス・パレスチナ・イスラエル」によれば、昨年のテロ組織ハマスによるイスラエルの民間人を標的にした無差別テロ攻撃に対し、日本での報道はイスラエルを非難しテロリストを擁護するものです。
テロリストによるプロパガンダを許してはなりません。

続きを読む
読書
日米戦うべきか

「日米戦うべきか」は1932年4月に編纂され、戦後GHQにより発行禁止となった本です。満州国が設立した時期の本ですが、当時は日米の国力の冷静な分析が公表されていましたが、いつしか反対意見が許されなくなり、日米間の戦争が始まりました。
国民的熱狂は危険なのです。

続きを読む
読書
神を知ると言うこと

トーランスの「キリストの仲保」を読んだことをドラゴン牧師の動画にコメントしたところ、深堀して解説して下さいました。
神を知ることについて、かつて自然神学論争があり、それに対してトーランスは統合的に理解すべきとしました。
謙虚に学ぶべきだと思いました。

続きを読む
読書
キリストの仲保

「キリストの仲保」は、スコットランドの神学者トーランスの著書で、ドラゴン牧師岩本龍弘氏が翻訳しました。
キリスト教の三位一体論は、神・キリスト・聖霊を同一の存在で別位格としますが、量子力学と同じ手法で解釈しうるといいます。
示唆に富む本だと思います。

続きを読む
読書
大衆明治史(下)

菊池寛による明治史解説の下巻で、日露先生が主なテーマです。
明治時代、日本のリーダーには100年の計を論じた広義の精神がありました。
大戦後の焼け野原でも、日本人は自信を失わず、日本を復興させました。
リーダーには自国主義ではなく、国際的な視座が必要と思います。

続きを読む
読書
神様! 産ませて

長友明美さんは統一教会の祝福結婚を受け、夫と共にシエラレオネで宣教活動を始めました。その後がん宣告を受けて一心病院に入院、闘病生活を経て双子を出産しました。
その奇跡的な出産は、当時話題になりました。
与えられた命を大切にする信仰には、頭が下がります。

続きを読む
読書
不可逆的なダメージ(3)

シュライアー氏は、性的転換治療を行った女子には、後悔する人が少なくないと言います。
この10年間で、アメリカの思春期の女子のトランスジェンダー熱は加速しており、これは日本でも起きうることです。
そして、大切な局面では、親が子どもを守らなければなりません。

続きを読む
読書
不可逆的なダメージ(2)

シュライアー氏の「不可逆的なダメージ」によれば、アメリカの公立学校では、「差別禁止」の名のもと、性的違和感を主張する子供たちにセラピストを紹介し、親には通知されずに性的転換治療が行われることがあります。しかし、性的転換治療はリスクの高いものなのです。

続きを読む
読書
不可逆的なダメージ(1)

アビゲイル・シュライアー氏の「不可逆的なダメージ」の原書をAmazonで購入し、Google翻訳片手に読んでいます。
欧米では、トランスジェンダー熱が「感染」しており、これは日本においても起きうることです。リスクを無視して性別移行治療が加速する可能性があり、とても危険だと思います。

続きを読む
読書
海外で話題のトランスジェンダー本が日本で発売中止

今月発売予定だったトランスジェンダーに関する翻訳書の発売中止に対して、千田有紀氏は、「こうした本を待ち望んでいたのは性別違和に苦しむ当事者の子どもたち」と論じています。
「ジェンダー肯定医療」に対する問題点について、日本でも議論されるべきと思います。

続きを読む