信教の自由

信教の自由
早稲田大学の棚村政行教授 拉致監禁・強制改宗を擁護新着!!

日本基督教団の教団員で、早稲田大学の法学部教授である棚村政行弁護士が、牧師たちによる拉致監禁状態での強制改宗を擁護する論文を書いていました。
背景にある日本基督教団は、自ら信教の自由を侵害し、反社会的行為を擁護する団体であると言えます。

続きを読む
信教の自由
公開シンポジウム 岸田政権1000日を検証する新着!!

都内で「公開シンポジウム 岸田政権1000日を検証する」が開催されました。
岸田政権は、派閥解散、家庭連合の解散命令請求、LGBT理解増進法など、立て続けに問題ある施策を行ってきました。
講演者はいずれも理論的にこれらの問題点を指摘、非常に有意義な会でした。

続きを読む
信教の自由
基本的人権・信教の自由を守る熊本県民の会新着!!

家庭連合の解散命令請求に反対する集会と500人による街頭行進が、「基本的人権・信教の自由を守る熊本県民の会」によって熊本市内で開催されました。
政府による不当な弾圧に対して、声を上げることは大切だと思います。
企画・実行した皆様に敬意を表します。

続きを読む
信教の自由
宗教迫害 「ローマ・モデル」から「ジャパン・モデル」に

国連NGOであるCAP-LCが国連に提示した宗教迫害の「ローマ・モデル」は、「不寛容から差別、差別から迫害」という3段階を辿ります。
家庭連合のケースは、さらに1段階進んで拉致監禁による強制改宗という暴力を誘発する、「ジャパン・モデル」とでも言うべきものです。

続きを読む
信教の自由
フランス 「信教の自由」をテーマとした国際会議

フランスのボルドーで、「信教の自由」をテーマにした国際会議が、新宗教研究センター(CESNUR)により開催されました。
日本からは中山達樹弁護士も参加し、家庭連合には解散命令請求の要件がないことを説明しました。
海外において、正しい認識が認知されつつあります。

続きを読む
信教の自由
統一教会の信者の献金に関する訴訟 念書の有効性

統一教会の信者の信者が献金に際して作成された公証人による認証済の念書について、認知症と認定される前の意思決定を否定し、認知症後の提訴を有効とする裁判が行われる恐れがあります。
信者の献金は本人の自由意思によるものであり、周囲が否定するべきではありません。

続きを読む
信教の自由
最高裁判所上告審弁論に関する家庭連合の見解

家庭連合の信者の献金を「不法行為に基づく損害」であるとする裁判の最高裁判所上告審弁論が行われました。
公証人による私文書認証の有効性が問われていますが、否定するには文書が虚偽であるという反証が必要です。
信者の自由意志を尊重する公正な裁判を望みます。

続きを読む
信教の自由
NHKの再回答 「ご理解下さい」は説明責任の放棄

NHK朝ドラの「婚姻は、双方の合意のみによって成立」についてNHKに再質問しましたが、具体的な説明なしに「ご理解下さい」という再回答がきました。
これは説明責任の放棄です。背景に同性婚容認思想があるとしか考えられません。
NHKは公共放送としての責任を果たすべきです。

続きを読む
信教の自由
福岡市の家庭連合への公共施設利用禁止に対する訴訟 第1回公判

福岡市が家庭連合及びその関連団体が公共施設を利用することを禁止した処分に対する損害賠償請求の公判が行われました。
家庭連合は、反社会的団体などではありません。文部科学省は解散命令請求を申し立てていますが、それをもって市民の権利を抑圧することなど、許されません。

続きを読む
信教の自由
韓国の聯合ニュース 韓国家庭連合本部のコメント

韓国の聯合ニュースが、韓国家庭連合本部の、日本における家庭連合の解散命令請求に至るプロセスはおかしいとの見解を、報道しました。
統一教会はかつて韓国国内で激しく迫害されましたが、現在の報道は比較的公平です。
日本でも、公正な報道が行われることを願います。

続きを読む